日本郵政、営業自粛を解く方針。

2020年8月26日、日本郵政は取締役会で、

かんぽ生命保険 が保険商品の不正販売で昨年7月から続けてきた営業自粛を

解く方針を決定する。

具体的な営業再開時期は、日本郵政のほか、かんぽ生命や日本郵便を含む

グループ各社の経営陣が協議する。

今年の10月にも信頼回復に向けた説明を顧客に始め、営業再開を本格的に行う

予定である。
不正販売をめぐっては、金融庁総務省から一部業務停止命令を受け、

郵政グループ3社のトップが辞任した。

増田寛也取締役兼代表執行役員新体制の下で

調査や処分に道筋が付いたと判断し、営業再開に踏み出す。

長期間の営業自粛が原因で、かんぽ生命の年換算保険料は9割減った。

日本郵政グループ全体でも国際物流環境事業の不振などで経営環境は

厳しいのが現実である。

それでも、

日本郵政ゆうちょ銀行の株式を総計1800株を保有している者に

とっては、やっと営業再開の目途がついたなと安堵している。

株主はみな同じ気持ちだろうと思われる。

一刻も早く、不正問題の責任を果たし

社会の信頼を取り戻してもらいたい。

共同通信社 2020年8月26日 参照)

 

 

帳簿の世界史 (文春文庫)

帳簿の世界史 (文春文庫)