米アップルの環境対策。

2021年3月31日、

アップル

取引のあるサプライヤー

納める製品の生産に使う電力をすべて再生可能エネルギー

でまかなう企業が110社を超えた

と発表した。

同社の主な取引先の約半数に相当する。

 

アップル

2030年までに全製品について、

生産と利用を通じて排出する二酸化炭素を実質ゼロに

抑える方針を

2020年7月に表明していた。

同社製品の生産を担うサプライヤーには今後、

再生可能エネルギーへの移行をより強く求めるとみられ、

対応できない企業はアップルと取引ができなくなる

恐れもある。

 日本経済新聞 2021年4月2日 電子版 参照)

 

精読憲法判例[統治編]

精読憲法判例[統治編]

  • 発売日: 2021/05/07
  • メディア: 単行本