東京電力ホールディングス(HD)

東京電力ホールディングス(HD)の子会社で、

再生可能エネルギー事業を担う

東京電力リニューアブルパワー(RP)

一部売却する構想が、

判明した。

 東京電力ホールディングス(HD)の

中期経営計画である第4次総合特別事業計画に

載っていた。

価値の創出に大きく貢献できない、

又は不採算の事業については撤退・縮小するなど、

選択と集中を行い、グループ全体の事業ポートフォリオを再構築する

東電HDは

自ら不採算事業の撤退・縮小を打ち出したのである。

東電HDのある幹部は

「東電生え抜きの人物からは、こういう表現は出てこない。

小林喜光氏の意向が反映されたのだろう」

と分析する。

小林喜光氏は

経済同友会代表幹事や

三菱ケミカルホールディングス会長などを

歴任した大物経営者である。

政府の後押しもあり、

東電HDは2021年年6月、

1年以上も空席だった会長職に小林氏を迎えた。

小林氏は、

テロ対策の不備が見つかった

柏崎刈羽原子力発電所の再稼働や

業績不振の小売り事業など、

課題が山積する東電HDの経営再建を託された。

東電HDは

4000株弱保有しているが

買い増すつもりである。

(ダイヤモンド編集部記事 参照)

行政法1-- 行政法総論 第六版