森林・林業白書

2022年5月31日、

日本政府は、

2021年度の森林・林業白書

閣議決定した。

新型コロナウイルス

感染拡大の影響で木材の総需要量は

落ち込んだものの

2020年の木材自給率

48年ぶりに40%台に回復した。

白書は

人工林資源や技術革新を通じた国産材活用の拡大、

脱炭素の取り組み強化に伴う

バイオマス発電燃料の需要増加が影響したと分析した。

また、

2021年に始まったウッドショックも重点的に取り上げた。

米国の住宅人気で木材が世界的に不足し、

日本への供給が減った現象である。

国産材に切り替える傾向は今後も続くと考えられる。

日本経済新聞 参照)

世界で一番楽しい建物できるまで図鑑 木造住宅